縦型の名刺と横型の名刺、どう違う?何が違う?選び方のコツを伝授!

いざ名刺を作ろうとした時に、多くの人が抱く疑問として

「名刺は縦にする?横にする?」

という超難問があります。

皆様の名刺は縦型、横型、どちらでしょうか?
そして、どのような理由でその向きを選択しましたか?

縦横

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは私の勝手な予測ではありますが、
おそらくほとんどの方が「なんとなく」で今の名刺の向きを決めたのではないでしょうか。
そして、ザックリと結論を言ってしまえば
縦型横型の選択は「なんとなく」で全く問題ありません。

まずは、今までにもらった名刺を並べてみて頂きたいのですが
企業・個人問わず縦型横型名刺さまざまだと思います。

大きな偏りがないということ、つまりは「どちらでも不都合がない」のです。

よって、縦型でも横型でも良いということですね。

ではなぜ「どちらでも良い」のでしょう?

それは…どちらをえらんでも、どちらも大抵の場合文字は横書きだからです。

一昔前は今の名刺とイメージが大きく異なる縦型名刺×縦書き文字の名刺が主流でした。
今でも信用金庫や政治家など、いわゆるお固い職業の方でこういった名刺を見かけることはありますが
今では縦型に縦書き文字の名刺はほとんど見かけません。
なぜならそれは現代ならではのURLやメールアドレスといったローマ字は縦書きだと不都合だからです。

URL、メールアドレス、どちらも載せていない人はほとんどいませんよね。
ローマ字は縦書きにすると物凄く読みづらくなってしまいます。
そういった理由から、自然と名刺に入れる文字は横書きになるのです。

 

ですので、縦型の名刺と横型の名刺のイメージの差というのが少なくなり
結果としてどちらを選ぶか悩んでしまうといったことが起きています。

ですが、縦型名刺と横型名刺の特長を理解しておくことで、選択の際に悩むことが少なくなり
より自分に合った名刺を作りやすくなります。

ではそれぞれの特長について解説します。

縦型名刺

  • 渡す時によりスマートに見えるため、スタイリッシュに魅せたい場合に有効
  • 縦に大きい画像も見やすく配置が可能

横型名刺

  • レイアウトの自由度が高く、より親しみやすい雰囲気を出しやすい
  • 長いコピーやURLなども紙面にスッキリと収めることができる

自分が出していきたい雰囲気や、掲載したい画像のサイズなどといった判断で選ぶのが良いでしょう。
より自分のイメージに合った、最適な名刺の向きを選ぶことで内容がより伝わりやすくなり
あなたの名刺は「集客できる名刺」に一歩近づきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>