名刺に本当に載せるべきは肩書きにあらず!名刺を渡す相手が本当に知りたい情報はコレ!

みなさまは名刺に何を載せているでしょうか?と言っても

「何って…会社名と肩書きと名前と、あとは連絡先くらい?」

という方がほとんどではないでしょうか。

pixta_21171702_XL

ですが、ちょっと待ってください。

名前や連絡先は最低限必要な情報だとしても
果たして、名刺を渡す相手が本当に知りたいのはあなたの肩書きなのでしょうか?

例えば私が「集客や相手のことを何も考えずに」名刺に肩書きを書いたとするとこうなります。

「デザイナー 中村美里」

実際にこのような肩書きで名刺を持っている方は沢山いらっしゃいますし
私も、シチュエーションによっては「デザイナー」とだけ書いた名刺を持ち歩くこともあります。
(例えば…あくまで他の方の仕事に同行するだけの時など)

ですが、
自分の事業をアピールしたい場合、「集客をしたい時」には絶対にこれでは駄目なんです。
「デザイナー 中村美里」とだけ書いてあって、私がどんな仕事をしているかイメージが付くでしょうか?
漠然と「へー、デザイナーなんだー」という印象を与えるのみで
まず強く記憶には残りません。

なぜなら、名刺交換をする相手が知りたいことは決して私の職業ではなく
私がどんな悩みを解決するプロであるか が知りたいからです。

要は、どんなハッピーな出来事があなたに起こるか、という部分ですね。

これはどんな職業でも同じです。
「こんな商品を売ってます」よりも
「この商品があることによってあなたの生活がこんなに楽になります」のほうが
より心に残るのです。

肩書きを載せる場合はこの理屈を応用します。
先ほどご説明した内容と合わせて、あなたの仕事が分かるような肩書きを掲載することで
より深く名刺を渡した相手の心に残るようになります。

説明続きでも分かりにくいので、現在私が使っている名刺がコチラ
(サイトのトップにも掲載していますが)

nakamura0727_ol

ターゲット(とその悩み)+そのターゲットの方(の悩み)にどんなハッピーが起こるか+仕事が伝わる肩書き
という構成にしています。

ここまで書いて初めて、名刺を受け取ってくださった方は私の仕事について
「こういうことをしているのねー」という印象を持ってくださるのです。

【ポイント】
名刺を渡す相手が知りたいことはあなたの肩書き=職業ではなく
あなたが何を解決するプロであり、どんなハッピーが起こるかということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>